2007年11月29日

ソケイヘルニア手術とは

赤ちゃんは、母体の胎内にいる間はソケイ部(大腿の付け根)に腹膜鞘状突起(ふくまくしょうじょうとっき)というふくろがついています。

このふくろは出産の際に、閉じて無くなるものですが、まれに閉じずに残って生まれてくることがあります。その場合、ふくろの中にお腹の中にある臓器が入り込み大腿の付け根が脹らみます。これがソケイヘルニアというものです。

この脹らみの大きさは、入り込む臓器の量によって変わりますが、男の子の場合、陰のうまで脹らむこともあります。


ヘルニアを放置しておくと、ふくろの中へ入り込んだ臓器が入口で締め付けられ、お腹の中へ戻らなくなる可能性があります(かんとんヘルニア)。
腸が締め付けられた場合は腸閉塞をおこし、物を食べられなくなったり、吐いたりすることが多くなります。

かんとんヘルニアの状態があまりに長く続くとお腹の臓器に血が十分に行き届かなくなり、腸や精巣(睾丸)、卵巣などに障害が出る可能性があり注意が必要です。
ソケイヘルニアが自然に治るということが無いわけではありませんが、そういう症例は一般には少ないと言われていて、ぜひ、手術することをお勧めします。


[PR]
posted by nao at 20:15 | 日記
2007年11月17日

ソケイヘルニア手術の流れ

ソケイヘルニア手術は一般的な手術でも、万が一のことを考えて行われます。

男性の場合、手術中の尿量はからだの状態を知るための大切な指標となるので、開腹手術の場合には麻酔をかけた後、尿道から柔らかい管を膀胱まで入れて抜けないようにします。一時間でどれだけ尿が出るか、点滴で入れた量と出た量との差がどれくらいかなどを見ます。

ソケイヘルニア手術はそれほど難しい手術ではないのですが、患者のからだには大きな負担がありますので、手術の当日はベッド上で安静にしていないといけません。自分でトイレへ行けるようになるまでは管は入れたままの状態です。


手術の流れとしては全身麻酔をかけて行われます。

手術自体は30分ほどですが、全ての準備や麻酔などを含めると2時間くらいかかります。

まず、ソケイ部の皮膚を切開し、男子の場合は精巣の血管や精子の通る管(輸精管)をヘルニア嚢から丁寧に剥がします。

ふくろを入り口の部分まで追求し、入口部分を糸でしっかりと縛り、お腹の中の臓器が入り込まないようにします。

その後、皮膚を元通り縫い合わせて手術完了です。

手術の傷口は小さく、術後しばらく経てばほとんど目立たなくなります。


[PR]
posted by nao at 17:08 | 日記
2007年11月10日

ソケイヘルニア手術への対応

ソケイヘルニアは子供の病気と思われがちですが、実際には成人に多い病気で、手術以外にはほとんど治療法がないと言われています。

その手術は痛みも少なく、入院期間も短く済むので積極的に治療したほうが良い病気と言えます。


ソケイヘルニア手術は、新人研修医の入門用の手術としても良く取り上げられ、比較的症例数が多い手術です。

ソケイヘルニア手術の難易度については、その症例などによりそれぞれですが、他の難しい手術のように、死亡させてしまう、失敗が即、重大な問題につながるということは無く、そういう意味では難易度は低いと言えます。

厳密に言えば、手術それ以外の部分では、違った意味での奥深さがあるのですがここではひかえさせていただきます。


手術後の処置については、主治医の好みによりある程度の違いはあるかもしれませんが、基本的には食事の制限、下剤の服用や浣腸などとなります。それと食事制限のために摂ることのできない水分の点滴もあります。


麻酔が切れた後の痛みには個人差があり、事前にどの程度の麻酔を使い、どのような疼痛管理をしてくれるのかを事前に聞いておくとようでしょう。

その際、麻酔の担当が専門の麻酔科なのかどうかもチェックしておくと万全です。


[PR]  
posted by nao at 17:43 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。